水産研究成果情報検索結果




砂浜域の食物連鎖に重要な役割を担う底生動物の個体群解析
 砂浜域は底生動物の生物生産が大きな生態系であり、二枚貝類やカレイ類の漁場として重要である。本研究は砂浜域の生物生産のしくみを明らかにするため、現存量の大きな底生動物を中心とした食物連鎖や生物生産構造の解明を進めている。今回は、北海道東部砂浜域の優占種シオムシの分布特性や年齢組成を解析し、波浪や底質との関係を明らかにした。
担当者名 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所 海区水産業研究部 海区産業研究室 連絡先 Tel.0154-91-9136
推進会議名 北海道ブロック 専門 生態系 研究対象 ベントス 分類 研究
「研究戦略」別表該当項目 2(3)沿岸・内水面域における漁場管理と資源利用技術の開発
[背景・ねらい]
 砂浜域は底生動物の生物生産が大きく、二枚貝類やカレイ類の漁場として重要である。砂浜域の生物生産のしくみを明らかにするため、現存量の大きな底生動物を中心とした食物連鎖や生物生産構造の解明を進めている。底生甲殻類シオムシは北海道東部の好適なウバガイ漁場の優占種となることが知られおり、マツカワなど沿岸カレイ類の主要な餌料生物ともなっている。1953〜1963年には北海道東部で年間平均12,000トン、最高時で年間23,600トンが肥料・餌料の原料として漁獲された。これらはシオムシが北海道東部の砂浜浅海域で現存量が大きく、主要な底生動物であることを示している。本研究では浜中湾のウバガイ漁場において、優占種シオムシの分布特性や個体群の年齢組成を解析し、波浪や底質との関係を明らかにした。
[成果の内容・特徴]
 本研究では、北海道東部のウバガイ漁場における底生動物群集の優占種シオムシの分布特性と年齢組成との解析を行った。砂浜浅海域に形成されるウバガイ漁場(図1)の水深4-10mに波当たりの異なる2調査線(A線・B線)を設定し、各調査線上の水深1mごとの7調査点で4月〜12月に7回の調査を行い、採泥器で採取したシオムシの個体数・体サイズ組成を調べた。A線は波当たりが強い湾口正面に、B線は波当たりが弱く海草(オオアマモ)藻場が形成される湾側面に設定した。シオムシの密度は波浪撹乱の大きい水域で海草藻場の形成される静穏な水域よりも高かった。波浪撹乱の大きな水域での年間の平均的なシオムシ分布密度は893個体/m2で、最大値は9月の2,060個体/m2であった(図2)。体サイズ組成の季節推移の分析から、シオムシ個体群は0+(0年目)群・1+(1年目)群・2+(2年目)群の3つの年級群で構成されると推定された(図3)。また、新規加入群は主に2年目群の繁殖で産出されるものと推定された。
[成果の活用面・留意点]
 本研究の成果は、浅海砂浜域生態系の生物生産に重要な役割を果たすシオムシの生態解明に資する。今後他の生物との関係等を明らかにし、シオムシを中心とする食物網および生物生産構造の解明を行う。なお,今回明らかにした波浪攪乱環境で高密度となるシオムシの分布特性はウバガイと共通であり、これがウバガイ漁場の優占種がシオムシとなる理由であると考えられる(図4)。シオムシをウバガイ漁場の指標生物として利用できる可能性がある。
[その他]
研究課題名:砂浜浅海域の生物生産における後背陸域環境の影響の評価手法の開発

研究期間:平成15年−17年

予算区分:交付金プロジェクト研究

研究担当者:宇田川 徹・伊藤 博

発表論文等:北海道東部太平洋岸浜中湾砂浜域における底棲等脚類シオムシTecticepsglaberの分布と個体群構造,日本水産学会誌:70(4),516-522(2004)
[具体的データ]

図1 浜中湾内の調査点

  A線は湾口正面の水域に配置され、岸沿いに配置された離岸堤列を横切る。B線は湾南側面の水域に配置され、オオアマモ藻場域を含む(斜線部)。


図2 各調査点におけるシオムシ分布密度の季節推移



図3 シオムシ体サイズ組成の季節推移

  分布密度の高いA線上の推移を示す。0年目(0+)・1年目(1+)・2年目(2+)の3つの年級群がみとめられる。


図4 シオムシ分布密度と波浪撹乱との関係

  (A)調査線上の波浪影響の分布。H’は波浪撹乱の、H’/水深は海底面の波浪撹乱の示数。H’・H’/水深はともに中村と田口(1997)によった。 (B)調査線上各点の平均的シオムシ分布密度。平均値と中央値とを示す。





[2004年の研究成果情報一覧] [研究情報ページに戻る]