水産研究成果情報検索結果




2011年の津波が仙台湾におけるヒラメ稚魚成育場の質に及ぼした影響
2011年に発生した津波が、仙台湾におけるヒラメ稚魚成育場の質に及ぼした影響を評価した。成育場の質の指標となる成長速度は0.84〜2.37mm/日(2011〜2013年、全長25〜146mm)であり、震災前後で変化していなかった。また、成長速度は、主要な餌であるアミ類密度に規定されておらず、餌が十分に存在していたことが示唆された。以上から、稚魚成育場は、震災により損なわれていないと結論した。
担当者名 国立研究開発法人水産研究・教育機構東北区水産研究所 資源環境部 沿岸資源グループ 連絡先 Tel.022-365-1191
推進会議名 東北ブロック 専門 資源生態 研究対象 ひらめ 分類 研究
「研究戦略」別表該当項目 5(2)主要水産資源の調査及び海洋環境等の長期モニタリング
[背景・ねらい]
2011年3月に発生した津波により、沿岸の生態系は大きな影響を受けたことが知られている。仙台湾・常磐海域におけるヒラメ稚魚の成育場は水深15m以浅であり、ヒラメ稚魚が直接(津波により稚魚が死亡)、間接的(成育場の環境悪化により加入過程に影響)に津波の影響を受けたことが危惧された。今後、適切な資源管理を行う上で必要不可欠な情報として、津波がヒラメ稚魚成育場に及ぼした影響を評価した。
[成果の内容・特徴]
 東北水研が2002年より調査を行っている閖上前浜の水深15m以浅の砂底域において、ヒラメ稚魚および餌生物の採集を行うとともに、物理環境および海底土の粒度を測定した(図1)。稚魚の成長速度が成育場の質の指標となるという考えの基、震災前後の成育場の質の変化を評価した。震災後における稚魚成長速度は0.84〜2.37mm/日(2011〜2013年、全長25〜146mm)であり、水温から期待される最大レベルの成長速度であった(図2)。また、成長速度は震災前後で変化していなかった。さらに、成長速度は稚魚の全長と水温によって規定され、主要な餌であるアミ類密度に規定されていなかった。このことは、震災後の成育場には餌が十分に存在していたことを示唆する。アミ類密度は非常に高く(図3)、海底土の粒度は震災前と同様、中砂であった。以上から、稚魚成育場は、震災により損なわれていないと結論した。
[成果の活用面・留意点]
 仙台湾におけるヒラメ稚魚成育場の質は低下していないことが明らかになった。他県によるヒラメ新規加入量調査の結果から、常磐海域においても低下していないと推察される。従って、従来どおり、親魚資源量の管理によってヒラメ資源管理が可能であると考えられる。
[その他]
研究課題名:ヒラメ太平洋北部系群の資源評価、複合生態系

研究期間:平成23〜平成28年度

予算区分:我が国周辺水産資源調査・評価等推進事業「資源評価」、文部科学省国家機関研究開発推進事業「複合生態系」

研究担当者:栗田 豊、岡崎雄二、冨樫博幸(東北水研資源環境部)

発表論文等:Kurita Y., S. Uehara, Y. Okazaki, T. Sakami, R. Nambu, T. Tomiyama (2017) Impact of the great tsunami in 2011 on the quality of nursery grounds for juvenile Japanese flounder Paralichthys olivaceus in Sendai Bay, Japan. Fisheries Oceanography, 26, 165-180.
[具体的データ]




[2017年の研究成果情報一覧] [研究情報ページに戻る]