水産研究成果情報検索結果




福島県におけるホシガレイの生態および漁獲の実態
福島県におけるホシガレイの成熟、産卵場に関する知見を得るとともに、漁獲年齢や漁場分布などの漁獲実態を明らかにした。
担当者名 福島県水産試験場 栽培漁業部  連絡先 Tel.0246-54-3153
推進会議名 東北ブロック 専門 増養殖技術 研究対象 底魚 分類 研究
「研究戦略」別表該当項目 1(2)水産生物の効率的・安定的な増養殖技術の開発
[背景・ねらい]
福島県におけるホシガレイの年間漁獲量は3トン前後と少ないものの、稚魚の成長が早いこと、夏季には単価が2万円/kgを超える高級魚であることなどから、漁業者の種苗放流に対する期待が大きい。このため、本県では平成3年から種苗生産試験、平成5年から種苗放流試験を開始し、ヒラメに次ぐ新たな栽培漁業対象種として、事業化の可能性を検討してきた。
[成果の内容・特徴]
(1) 魚体測定結果より作成した成長式から、雌は雄よりも成長が早く、最大全長も大きいことを確認した(表1)。また、年齢と生殖腺重量指数(GSI)および生殖腺の観察結果から雄は2歳、雌は3歳から繁殖活動に加わることが推定された(図1)。

(2) 成熟魚の漁獲状況から、仙台湾の北緯38度00分、東経141度30分、水深120m付近が主要な産卵場の一つであると考えられた。(図2)

(3) 放流魚の混獲率は2002年に60%を超え、2003〜2005年が90%前後に達したが2006年以降は天然魚の増加に伴って70%台に低下した。近年の漁獲は放流魚により維持されていた(図3)。

(4) 産地市場の平均単価は、全長40cm未満では天然魚と放流魚の価格差が小さいのに対し、全長40cm以上では全長に比例して天然魚の方が高く、放流魚との価格差も大きくなることが明らかになった(表2)。また、漁獲尾数の約6割は、価格の安い全長40cm未満の個体であった(図4)。


[成果の活用面・留意点]
(1) ホシガレイの生態および漁獲実態が明らかになり、栽培漁業事業化の検討資料および資源の有効利用を図る際の資料となる。

(2) 資源の有効利用を検討する際には、漁獲のあり方等、漁業者との意見交換を十分に行い、実行性を確保する必要がある。


[その他]
研究課題名:ホシガレイ人工種苗放流技術の開発

 研究期間:平成18年〜平成22年度

 予算区分:栽培漁業振興対策費(県単)

 研究担当者:島村信也、神山享一、和田敏裕

 発表論文等:島村信也、安岡真司、水野拓治、佐々木恵一、根本芳春:ホシガレイに関する研究−2

漁業実態と福島県沿岸における生活史.福島県水産試験場研究報告 第14号, 69-90(2007).

[具体的データ]




[2008年の研究成果情報一覧] [研究情報ページに戻る]